自分を愛する気持ちを取り戻す

2018.03.05 Monday

0

     

     

    2018.3.5

     

     

    一般社団法人日本ヨガメディカル協会
    代表理事 岡部朋子先生の
    〜メディカルヨガ〜ヨガの処方箋
    症例別体験クラス
    更年期障害に参加しました

     

     

    岡部朋子先生

    ずっとお会いしたかった方です

    メディカルヨガを監修されていて

    ずっと学びたかった

    なかなかタイミングが合わず

    今わたしが学ぶには

    時期が早いんだなと思い

    この日をずっと待っていました

     

    昨年の

    乳がんの方のためのヨガの

    カンファレンスに参加した際に

    初めてお会いして

    衝撃をうけた

     

    健常者の方に向けたヨガを

    学んできたわたし

     

    現実の医療の現状を知り

    その現場で

    ヨガを伝えていこうとしている

    先生方がいらっしゃること

    ヨガの素晴らしさを伝えていく

    活動を進めている

    先生方がいらっしゃること

    そのことに心が熱くなった

     

    メディカルヨガを

    深めていきたいきっかけを与えていただいた

     

    自分に何ができるか

     

    病気の経験がなければ

    その人の気持ちに近づくことは

    やはり難しい

    誠心誠意努めても

    その人の気持ちにはなれないからだ

     

    だから同じようなことを経験したなら

    少しでも何かできるのではないかと

    最近はそう思う

     

    今自分が同じように感じて

    同じ痛みをわかってあげられること

    そのことに意識を向けていこう

    そう思って今回この講座に参加した

     


    人生には大きな節目になる出来事が
    いくつもある
    そのうちの1つ

    更年期障害はまさに
    ホルモンが大きく変わる時
    身体が大きく変わる時

     

    身体の変化は心の変化だ

    自分ではどうしようもなく

    コントロールできない時の身体と心に

    どう向かい合っていくか

     

    変化する自分を認められずに

    抵抗しても

    結局は自分が苦しいだけである


    女性ならば必ず通っていく道

     

    ならば

    今ここにいる自分を素直に受け入れて

    流れに任せていくしかない

    流れの過程の中で

    自分らしい何かを見つけることができれば

    この先生きていくことが

    辛くならないはずである

     

    その先の

    自分らしい何か

    それを見つけることができるきっかけが

    ヨガではないかとわたしは思う

     

    なんでもいい

    自分の好きなこと

    安心すること、もの

    それをヨガで得る

     

     

    ヨガで症状自体は治らないけれど
    ヨガをやることで、緩和されていければ
    ヨガと知り合えて良かったと思えれば
    自分を知り、
    自分にやさしく出来るようになればと
    岡部先生がおっしゃっていた

     

    まさにそうだ

    ヨガは自分を見つけるツールの1つ

    なのではないかとわたしは思う


    それはまずは

    自分を知ること
    今ここにいる自分を感じること


    自分を感じて自分に誠実になること
    自分にやさしくすること

     

    そうして

    自分を愛する気持ちを

    取り戻していくこと

     

    むずかしいことではない

    なぜなら

    みんな私たちは

    もともとやさしさを知っていて

    やさしさでできている

    生き物だから

     

    本来の素直な気持ちに

    戻るだけでいい

     



    今日学んだことが
    たくさんの人の為に活かされますように

    今日から少しずつ進んでいきたい

     


    岡部先生

    出会いを
    ありがとうございました