温かさに包まれて

2019.11.20 Wednesday

0

     

     

     

     

    2019.11.20

     

    慈悲をいただき

    今年2度目のヴリンダーヴァンへ

     

    夫の治療の他に

    母の1周忌と重なるので

    その供養のために

     

     

    あの日から1年

     

    母のことを忘れた日は一度もなかった

    むしろ忘れられない

     

    手放した家と共に

    その時々の思い出が

    断片的に思い出される

    今もそうだ

     

    母の名前で寄付をすることで

    母が供養される

    無条件で素晴らしい世界へと

    導かれていく

     

    何かみなさんに配れるものを

    ということで

    チャダを寄付させていただいた

     

     

    母のぬくもりを感じるような

    温かなチャダ

     

     

    あの日

     

    呼吸は苦しさから解放され

    やがて静かに消えていった

    ただ

    目の前の光景を見守ることしかできず

    ただ

    声を出して呼ぶことしかできなかった

     

    わたしは何もできずに

    後悔が残り

     

    母は代わりに

    愛をくれた

     

    たくさんの愛だけが

    今ここに残った

     

    後悔を愛に変えよう

     

    母がそう言って

    微笑んだように思えた

     

     

    いつまでもこのぬくもりと共に

    ありがとう

    お母さん